記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投げて奏でてノスタルジア

本日コナミより新たな音楽ゲームが発表されました。
その名もおといろはノスタルジア
まさかの2機種の発表にユーザーはどよめき
そのどよめきは僕の鼻腔まで伝わり鼻炎を引き起こしました。(コンタックでなんとかしました)

おといろは

2016021720125412a.jpg


音色のわ(輪)(和)がつながる
投げて、奏でて。
と印象の強い2つのフレーズ、ちゃんと句読点を使っているところに和を感じますね。
雰囲気や「和」の字からテーマは「和」、「投げて、奏でて。」は恐らく操作デバイスのことを指しているのでしょう。

「輪」を「投げる」...
単純に要素を組み合わせると
「保安官となって月夜の桜並木を駆け、無法者をロープに作った輪でひっとらえる音楽ゲーム」
であると予想されます。
しかしそうなるとテーマが「和」というよりは「日米友好親善」の面が強くなるので
少しひねって考えてみると「輪投げの音楽ゲーム」でしょうか。

...「輪投げの音楽ゲーム」ってなんですか?
「ガムテープで作ったロボ」くらい意味がわかりません。
どのようなゲームになのか予想がつきません、是非早く見てみたいところです。


ノスタルジア

new_20160217201417e7e.jpg

まだサイトはないようですが画像には時を奏でるピアノゲームとあります。
いよいよ100円で時を奏でられる時代が来たと思うと感慨深いですね。
ピアノゲームということは鍵盤式のゲーム?

鍵盤式と言えば、鍵盤が多すぎたため新規がとっつき辛く
3作目にして終焉を迎えてしまった「KEYBOARDMANIA」シリーズを思い出しますが
この「ノスタルジア」はどのような形をしたデバイスなのでしょうか。

まさか過去に失敗したものを再度世に出すようなことはしないと思いますので
中央に丸い画面があってそれを囲むよう鍵盤を配置するなどの革命を起こしているかもしれません。
こちらも早く実物を見てみたい作品ですね。まあアプリゲームの可能性もありますが...


この新機種2つは各画像にもあるようにJAEPO2016でお披露目となるようです。
気になる方は今週末にこの2機種の初公開の瞬間を見てはいかがでしょうか。
僕も仕事したりブタメン食べながら見る予定です。味はとんこつです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。