記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の責任

発した言葉というのは発した人が責任を持たなければなりません。
政治家なんか見ればわかりますよね、行き過ぎたことをちょっとでも言うとめちゃめちゃフラッシュ焚かれます。もし政治家がプリズムだったら虹が飛び散ってえらいことになります。
一般人である我々も同じこと。全人類はみな等しく言葉に責任を持つ義務をもって生まれます。
日常の会話においても、ツイッターにおいても。


以前、僕はツイッターでこんな言葉を発しました。

こんな高圧的な物言いをしましたが・・・実は用水路でタニシを探したことがありません。
にも関わらず、まるで用水路でタニシを探したことがあるかのような物言いをするというAmazonのレビュー欄のような手法を用いたこと、恥ずべき行為であったと反省しています。
しかし僕も大人、謝って済む話とそうでない話ないは区別できます。
ということでちゃんと比較することにしました。


緊急企画!
スマブラ4の一人用用水路でタニシを探すのではどちらが楽しいのか!?



これは決戦です。スマブラと用水路のタニシ、天下分け目の決戦が今始まります。
誰も踏み込んだことのない未知の領域だと考えると光栄な話ですね。第一人者ですよ第一人者。
踏み込む必要がないから誰も踏み込まなかったとかそういうのは今いいです。


・先手 スマブラ4の一人用
スマブラの一人用と言えばシンプルですよね、初代からずっとある歴史あるモード。
ただ今作(WiiU版)のシンプルはこっちの記事で言ってるようにまあ面白くない。遊んでいるうちに思わず「俺なんか悪いことしたかな・・・」と己の罪を振り返り始めてしまう。
今見るとあの記事もかなり稚拙なので、改めてレビューするような感じで進めていきたいと思います。


ちなみに調べたところによるとホンキ度10を出す方法があるらしいですが、どうも難しそうなので今回はホンキ度9でトライしたいと思います。
興味がある方はやってみてはいかがでしょう。リンクも貼っておきます。


シンプル
すごい避けられてる。


ゲームを始めるとこんな風にフィギュアがずらーっと並びます。それが蚊柱みたいにまとまってるところが1つの試合です。
自分で選んだキャラのフィギュアを動かし、戦いたい蚊柱に触ると試合開始。
なんですけどこの自分のフィギュアが気持ち悪い遅さでしか動かせない。
マリオカートでダート走ってる時の遅さとすごい似てます。気持ち悪いです。二度と話しかけないでください。


多すぎる


それぞれの試合はほとんど多人数戦。今作のウリだから使いたいのはわかるんですけど、むしろ人数が多ければ多いほどタニシを探しに行きたくなります。
袋叩きのリスクが増しますし、アイテムも普通に出てくる上に殺傷力が高いのがやや多め(な気がする)。まともにやりあうと事故死と隣り合わせ。


人数が減ってきていざ決着をつけようとした時も、多人数戦は大抵ステージがでかいせいで倒し辛かったり敵に追いつくまでがダルかったり。
「じゃあ多人数戦以外を選び続ければ?」ってことなんですが、結局たいていは多人数戦を選ばざるを得なくなる状況になります。


...なんて問題点は織り込み済みに決まってるじゃないですか。天下のスマブラですよ?
実はキャラクターの吹っ飛ばしに組み手モードのような補正がかかっているみたいなんですね。スマッシュ攻撃より投げとかの方が飛んだりするアレです。
つまりそういった技を理解することで多人数戦も切り抜けることができるというわけですよ。
その補正が敵にもかかっているせいで事故死の確率が上がっているなど些細な問題です。


そりゃ
そんな姿勢って。


6ラウンド目は謎のMii軍団戦。ここも開発者の愛により殺傷力の高いアイテムをやや出がちにしてくれています。それで死ぬこともありますが愛です。愛と罪は表裏一体です。
射撃Miiの横スマッシュの持続、リーチ、拘束時間が長く、ひっかかると拘束時間中にボコボコにされることも。こっちは愛ではありません。


カメラの自由が利かない


そこを抜けるとマスターハンド、もといマスター○○戦。前の記事でも書いたように僕はここは好きです。ヒットストップが気持ちいいですしヒットアンドアウェイが楽しい。
ここで終われば評価も気持ち上がります。終わらないんですけどね。


広い
これいる?


どうして終わらないんだ。
マスター○○を倒すとこのような迷路が出現、各所にあるコアを破壊して回る2Dメトロイドの成り損ないみたいなパートです。プレイヤーはここでシンプルの意味を見つめなおします。
とにかく長い、長い上にこの画像の黄色い酸みたいなダメージ床に100%超えてる時に触るとバースト。ゲームを面白くするために配置したのであれば名刺をください、その場で果たし状とトレードします。
ちなみにこのパートには3DS版スマブラ4で好評を博しているフィールドスマッシュに出てくる雑魚敵がほんのちょっと出てきます。
WiiU版にはフィールドスマッシュはありませんが気分を味わうことができますね。そっちをやらせろ。


...さて、スマブラ側がかなり遅れを取ってしまいました。
用水路のタニシ側は比較的余裕を持ってチャレンジできることが予想されます。
ちなみにシンプル以外の一人用モードもレビューしてた場合は今ごろ用水路のタニシが不戦敗しててもおかしくはないです。


・後手 用水路のタニシ
やってきたぜセーヴェ
最初にも書いたとおり人生初のタニシ探しです。このためにわざわざ会社が終わってから家と逆方向に車を出しました。ガソリンを返してください。
ただ、初めてやることには必ず困難が待ち受けているもの。例に漏れず僕の身にもいくつかの困難が降りかかりました。


①タニシをよく知らない
そもそもこれまでタニシに興味が無かったのでタニシがどういう姿でどういうとこに住んでるのか知りません。
なんか貝殻状の何かってことしか知らないです。


暫定タニシ
こんな感じかな・・・?


②虫が苦手
何を隠そう僕は全般的に虫が苦手です。殺虫剤の缶に描かれてる虫に触ると三日は寝込み職を失います。
ましてや用水路ですからもうおるわおるわ。いなくてもいいのにおるわおるわ。
なので、もしもタニシが水底にいるのであれば虫を恐れる僕には捜索は難しいでしょう。


③人目が怖い
もしも夕暮れ時に成人男性が地面に膝をつきながら用水路にスマホのカメラ近づけてるところを見たら皆さんどうしますか。殺す?そこまでやる?
人通りはそんなにないですけど、あんまり障害物もなくちょっと近くに民家もあります。
タニシ探してるだけで職質受けてたまるかという気持ちが僕をはやらせます。


そんな三重苦に喘ぎながらもタニシを探す手は緩めませんでした。ある時は上から舐めるように、ある時は上から獲物を探す鷹のように、ある時は上から地上を眺める太陽のように。とにかく様々な方法で探しました。


2016080901141145c.jpeg
探し始めてすぐに見つかったのがこの真ん中にいるなんか細長いやつです。
干し芋かなとも思いましたが用水路に干し芋がいるかと考えるといなかったので虫だと判断しました。


2016080901142504a.jpeg
次に見つかったのがアメンボです。名前知ってる虫と出会うとなんだかうれしくなりますね。(この画像にアメンボはいません)


しかし探せど探せど見つかるのはこの2匹くらい。あんまり水底までは見ていないということを差し引いても、ここまで見つからないということはここにはいないのでしょうか。
途方に暮れ、ついでなのでウキウキで散歩をしているとまた別の用水路がありました。
この出会いに何か運命的なものを感じ、善は急げとその用水路にカメラを近づけました。


20160809011457b09.jpeg
見つけたのはまたもやアメンボ。2度目ともなると流石にうれしさとかはなく、またアメンボだという気持ちでいっぱいになりました。
アメンボ側もそう思われるのは好ましくないはず。いつの日かWin-Winの関係を築ける日が来ると良いですね。


20160809011435f19.jpeg
続いて見つけたのはカニ。体が透明なのか中身らしきものが黒くぼんやりと透けています。
ほんと自分の体は透明じゃなくてよかったです、親には感謝してもしきれませんね。(カニは石の裏に隠れたので写真にはいません)


2016080901144588f.jpeg
続いては洗濯バサミが寝ていました。夕方にもう寝てるんですね洗濯バサミ。昼から夕方にかけて活動してるイメージあったんですけど。
やっぱり新しいことをすると新しい発見があって楽しいです。


201608090115078b6.jpeg
あとプルタブもいました。体が銀色ですごく目立つんですが、それはつまり外敵がいないということでしょう。食物連鎖の上位であることが伺えます。
我々人間がプルタブに怯える日々を過ごす...そんな未来もないとは言い切れないでしょう。


201608090115179c1.png
それとアーボも発見しました。本来であれば襲い掛かってくるのでしょうがそこは流石ポケモン、TPOをわきまえています。無事捕獲にも成功しました。
ちなみにこのアーボは用水路ではなく夕飯に訪れた「かつや」の駐車場で発見したのですが、用水路の記事に貼ってしまったので用水路にいたことにします。


...これにて、両者の体験を完了しました。
一見すると、用水路のタニシ探しがダブルスコア以上をつけて勝利しているようにも見えます。
しかし実際のところタニシを探すことを楽しむつもりで出たはずが、いつの間にやらブログにどう書くか考えながら写真を撮ることが楽しくなってしまっていました。
なによりそもそもタニシが見つかってません。
これでは用水路のタニシ探しの楽しさを体験できたとは言えず、比較することはできません。


ですので、託したいと思います。純粋に用水路でタニシを探すことだけを目的とし、その時感じた楽しさを言葉にできる方に。
もしそんな人がいるのであれば僕とは関わらないでください。
スポンサーサイト

コメント

タニシ買ったよ

No title

タニシのイメージがキラーコンドームにしか見えない

オヒッ?
ぼくせいてい
きみは?

マスターハンドかわいいよね
優しくしごいてくれそう
クレイジーハンドもいいよね
激しくしごいてくれそう

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。