記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のあいつ

いつぞやの記事でマーケティングしたとおり、4月28日に星のカービィ本編最新作にあたるロボボプラネットが発売されました。
あれほど不自然を覚悟の上でかつ熱意をもってマーケティングしたのでみなさんはもう4本くらい買っていることと思われます。僕は1本です。

11.jpg
星のカービィ ロボボプラネット。
今度のカービィはロボットに乗って戦う。自動車保険は適用外。


ちょうど連休が発売日の後にきたので収集要素以外のものはちゃちゃっとクリアしておきました。
BGMから敵キャラ、ステージ構成に及ぶまでに従来ファンがアッとなるような要素が散りばめられていて、演出やシナリオもかなり凝っています。さすがは熊崎系カービィ。
まあ今回はその凝りが悪い方に向かってしまった部分もありますが...その辺のちゃんとしたレビューはちゃんとしたレビュアーさんに任せましょう。

さて本題。このロボボプラネット、パッケージに描かれていることからわかるようにメタナイトが登場します。

僕はこのキャラ大好きなんですけど
・自分が住んでる星の危機に一切顔を出さない
・自分の偽物に数秒で負けて閉じ込めらる
・自分の戦艦を動かして自分で破壊する
などここ数年はなんともな扱いをされています。最後に至ってはサイコパスです。
そんな彼ですが今回は久々にメインストーリーで活躍しました。果たしてどう活躍したのか?それについて追っていきたいと思います。

当然ながらストレートなネタバレを書くため注意してください。
わざわざ巨大な太文字で忠告しているのですから、「楽しみを奪われた」「進める気が失せた」「僕のお母さんがお父さんだった」などは聞き入れませんのでご了承を。同情はします。
加えて忠言するとメタナイトがもうかっこよくて好きで好きでたまらないというタイプのメタナイトファンの方は見ないほうがいいでしょう。







20160503012309dae.jpg
OP。いかにも「侵略しに来ました~」という感じでハルトマンワークスカンパニーが来襲。
一国の王が住むデデデ城と比べてもその大きさは照々たる差。恐らくこの世のどのイトーヨーカドーよりも大きいでしょう。
まさにポップスターの大ピンチ。そんな時にメタナイトは何をしていたかと言うと


201605030134594ab.jpg
...


201605030135085e7.jpg
...?


20160503013516908.jpg
ハッ


寝てましたねこれは。寝てた人の反応です。
ポップスターは数年に1度のスパンで事件が発生しているもののあきれかえるほど平和な星なので日中に寝てたっておかしくないんですけど、崖の上で立ちながらマント被って寝ているところにゲーム開始早々から眩しすぎるほどのポテンシャルを感じます。


20160503014326c91.jpg
これは寝てる場合じゃないぞと寝起きから戦艦を出撃。騎士ゆえに戦艦での応戦も騎士道精神溢れるノーガード戦法。


20160503014335ef4.jpg
...が、まるで予定調和かのように出撃から10秒くらいで墜とされました。
それも総力をあげて応戦するもあえなく...ではなく太めのレーザーでワンパン。扱いで言えばモヒカンに殺される民間人と同じですね。

でも彼は飛べますし、戦艦が落ちたとてその剣で戦ってくれていることでしょう。某銀河最強の戦士も倒してますし。
と、ここで一旦メタナイトの出番は終わって、次に出てきたのはエリア4の最終ステージ。一体どうなったのでしょうか?


20160503020238c67.jpg
こうなってました。
仮面に制御装置をつけられ、(恐らく)背中からはアーム。そして飛ぶとき邪魔なんじゃないかそれという位置にミサイル射出装置。
説明文を読む限りではあれから普通にとっ捕まって全身改造されてこうなったのだとか。某銀河最強の戦士はきっと泣いています。


20160503020246cc4.jpg
そしてこれほど変わり果てた姿になったにも関わらず思ったよりリアクションが薄いカービィ。想定内だったのでしょうか。
こいつまた負けてる・・・」とその背中が言っているような気がしないでもありません。


201605031949271ba.jpg
そしてこのメタナイトもとい"メタナイトボーグ"に勝利するとフルでダンスを踊り、情など微塵も感じられないこの笑顔。人の血が流れていないのでしょうか。(流れていないそうです)
またここで一旦出番は終わり、次に出てきたのはエリア6の最終ステージ。ゲーム的にもほぼ最終面で、舞台はハルトマンワークスカンパニーのオフィス。


20160503195443545.jpg
2エリアぶりに登場したメタナイトボーグもとい"メタナイトボーグ改"。2Pカラー。
「弱かった」の比喩表現でなければあの戦いでスクラップにしたそうです。見知った人物にそこまでできる腹の座りっぷりは我々が失くしてしまったものの一つかもしれませんね。


20160503195453251.jpg
今回はある程度体力を減らすと剣に加えて背中のアームで攻撃してきます。
見た目通りのリーチを誇り、ラッシュを仕掛けられるほどには素早く動かせるようです。剣いる?
"ボーグ"も"ボーグ改"も背後を取られても振り返らないまま虚空に攻撃する時がわりとあるのは、進みすぎた現代文明に甘え、盲目になっている私たちへの皮肉でしょう。


2016050409043183b.jpg
これを倒すといつものように仮面がパッカリ割れて制御装置が外れます。この顔で私市淳。
そしてこの後になんやかんやあってハルトマンワークスカンパニーの巨大なマザーコンピューターが暴走。なんやかんやで生命体を排除するために宇宙に飛びます。
させまいとカービィもロボボアーマー(パッケージで乗っているロボット)に搭乗。宇宙に飛び立とうとしたその時


2016050319550995c.jpg
墜とされたはずのノーガード戦艦が突如飛来。その甲板には・・・


20160504092108094.jpg
ボーグではないシンプルなメタナイトが。一度家に帰って仮面をつけてきたことが伺えます。


20160504091545f50.jpg


2016050409211948f.jpg


アイコンタクトで意思疎通を図る二人。前のことがあったのでカービィってメタナイトのこと下に見てるのかなと思っていましたが違うようで何よりですね。
肩の犬たまごステッカーは僕がつけたもので伏線でも心霊現象でもないので安心してください。そして...


20160504092132d0d.jpg
ロボボアーマーが戦艦ハルバードをメタナイトごと吸収。


201605040921431a6.jpg
カービィカラーのハルバードというような外装をした"最終決戦艦ハルバード"に変化。艦首の仮面部分はロボボアーマーに。
ストーリー的にメタナイトはロボボアーマーの仕組みどころかロボボアーマーの存在すら知らないはずなので、あのアイコンタクトは「乗れ」という意味だったのかもしれませんが、なってしまったものは仕方がないですね。(もちろん描写されていないだけで知っていた可能性もあります。)


20160504095841095.jpg
そんな戦艦によるなんやかんやの攻防があったり、ラスボスの姿がなんやかんやだったりした末にラスボスを追い詰めるカービィと最終決戦艦ハルバード。
しかしあと一歩というところでラスボスのレーザーが戦艦のウィングに当たって墜とされてしまいます。主人公補正が乗っているにも関わらず墜とされるとなるともう仕方ないの領域です。
ですが今は星、ひいては宇宙の危機、仕方ないで済ませている場合ではありません。すると見かねたメタナイトが剣を片手に艦首の方にある謎の穴に走り寄り...


20160504101713a44.jpg
サクッ


20160504101723feb.jpg
カチッ


20160504101736fce.jpg
その自慢の剣をレバー代わりにすると艦首のロボボアーマーが射出。メインストーリーにおけるこの剣の唯一であり最大の見せ場がこれです
勢いそのままにカービィがロボボアーマーのドリルでラスボスのなんやかんやな部分をなんやかんやして見事打ち倒し、ポップスターに再び平穏が訪れます。


EDは省きますが、以上がメインストーリーにおけるメタナイトのシーンです。

活躍した場面をまとめると
①ハルバードの提供
②剣でカチッとやる
この二つとなります。

なんだか今回もわりとぞんざいな扱いをされているような気がしないでもありませんね!
前作のデデデ大王もサポート的な役割を務めたとは言え、メタナイトなら強大な敵相手でも共闘とか出来たと思うんですが...。


と思われている方に朗報です、なんとこのメインストーリーをクリアすると新たにメタナイトでゴー!リターンズというモードが出現します。
キャラとして使えるメタナイトがかなり高性能に調整されていて、ラストステージではなんやかんやマターなんやかんやニア、ひいてはなんやかんやティックナイトまでもと剣を交えるため、かっこいい方のメタナイトを心ゆくまで見ることができます。

なによりメタナイトのモーションに違和感がない上にちゃんと剣で戦えるのが最高ですね。「何を言っているんだ」と思われる方もいるかもしれませんが、僕も何を言っているかわからない上にこれについて話していると涙が出てくるのでおあいこでしょう。


一通り書けたのでここまでとします。
ここまで読まれた方々の中にはロボボプラネットを買われていない方はいないはずですが、もしいるのであればとっとと買ってきましょう。お金がないなら家を売ってください。
スポンサーサイト

コメント

オヒ

ロボボプラネットさいこう!

オヒッ?
ぼくせいてい
きみは?
インモーイーティンする?

No title

思えばSDXの逆襲が最後の輝きだったのかもしれませんね…

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。